テレビ台のおすすめ20選|種類や選び方も徹底解説!

テレビ台リビング家具
出典元:アイリスオーヤマ
スポンサーリンク

テレビを載せる床置き家具として、丈夫さとインテリア性が求められるテレビ台。テレビ以外にもコンポやオブジェなど、工夫次第であらゆるアイテムの土台となる自由度の高さも魅力です。

今回の記事ではそんなテレビ台について、選び方やおすすめの製品を一人暮らし向き・収納たっぷりなど用途に合わせて紹介します。買い替えを考えている方もこれから新生活を始める方も、ぜひ参考にしてください。

おすすめのテレビ台をすぐに見たい方はこちら

スポンサーリンク

テレビ台の選び方

テレビ台

テレビ台を探している方へ向け、ここからは選び方の軸となる重要な3ステップと、大事なポイントを説明します。選び方の指針を知りたい方はぜひ読んでください。

ちなみに、DIYを考えている方も、求めるテレビ台のイメージ作りに役立つと思います。

まずはテレビ台のタイプから選ぶ

まず1ステップ目としてテレビ台のタイプ選びからスタートすると良いでしょう。タイプによって高さ収納力が大きく変わるので、自分が求めるものを見つけてください。

ここではタイプごとに特徴を説明します。ただし、このテレビ台の種類は厳密な決まりがないため、メーカーによって呼び名はさまざま。そういったこともあり、比較的分類されやすい名称で解説します。

テレビを適切な高さ・距離で視聴するイメージ

ちなみに、テレビの高さは顔を正面に向けた時、テレビの上端が目線と平行になるくらいが視聴に適していると言われています。テレビを見上げるように設置してしまうと首も目も疲れてしまうので避けるべきでしょう。

また、視聴に適した距離はテレビ画面の縦サイズ(高さ)×3倍が適正。テレビ台を含んだ高さではないので注意しましょう。

ローボード・ロータイプ

ローボードテレビ台
出典元:LOWYA

ローボードロータイプと分類されるこちらは、テレビ台の中で非常にスタンダードなタイプ。下部は全体的に収納スペースになっていて、天板にテレビを載せるという昔ながらのスタイルです。

底面から天面までの高さが10~50cmほどまでと、幅広い高さのテレビ台がこのローボードに該当します。高さがあまり必要ないクッションや座椅子、低めのソファーを利用している方におすすめ。

伸縮タイプのテレビ台
出典元:LOWYA

このローボードタイプは、天面が伸縮したり角度を自由に付けて設置できたりする、伸縮タイプもあります。

ハイタイプ・ハイボード

ハイタイプのテレビ台
出典元:LOWYA

テレビ台のタイプとして一番クセがあるのが、ハイタイプハイボードと分類されるこちら。

底面から天面まで50cm以上の高さがあるものや、テレビを上下左右囲むように収納スペースが付き、壁面に設置するモデルがどちらもハイタイプやハイボードと分類されます。また、この収納があるタイプは壁面収納タイプという呼び名も。

出典元:LOWYA

高さがあるタイプはベッドや高めの椅子での視聴に向き、壁面収納タイプはデッドスペースになりがちなテレビ台周りを、収納スペースとして有効活用したい方におすすめです。

ミドルタイプ

底面から天面までの高さが40~60cmほどのテレビ台がミドルタイプと呼ばれます。ただ、ローボードやハイタイプと違ってあまり一般的ではなく、ミドルボードとも呼ばれません。

コーナータイプ

コーナータイプのテレビ台は、名前の通り部屋のコーナー(角)への設置に向いたタイプ。高さはさまざまですが、コーナーにすっぽりと収まるよう本体に角度が付けられています。部屋を広く使いたい方におすすめ。

壁寄せタイプ

壁寄せタイプのテレビ台
出典元:アイリスオーヤマ

壁掛け対応テレビを、壁を傷つけることなく壁掛けのように設置できるのがこの壁寄せタイプ。収納は背面にHDDなどを載せられる小規模なものや、レコーダーなどの機器を1~2台設置できるだけの簡易的なものがほとんどです。

テレビの高さをある程度調整でき、無駄なパーツがないので部屋をスッキリと演出しやすくなります。テレビ周りにモノをあまり置きたくない方や、こちらも部屋を広く使いたい方におすすめです。

壁寄せタイプの中には、土台がなくネジで壁に固定する壁面スタンドタイプもあります。配線やHDDなどを隠すことができるので、土台を置きたくない方や壁にネジ跡がついても良い方向きです。

テレビの大きさに合わせたサイズを選ぶ

テレビ台

2ステップ目テレビのサイズに合わせたテレビ台を選ぶということ。

理想を言えば、人間が美しいと感じる黄金比率の1:1.618をあてはめ、テレビ幅が1:テレビ台の幅が1.618の比率で選ぶといいです。が、実際はDIYやオーダーメイドでもない限り実現は厳しいでしょう。

現実的に見ると、少なくともテレビ台の幅はテレビ以上のサイズにしたほうがいいです。テレビの方が大きいとぶつかったり落下したりの危険が増え、思わぬ事故にもつながります。

収納タイプを選ぶ

最後の3ステップ目はテレビ台の収納タイプについて。

オープンタイプのテレビ台

扉がないオープンタイプは棚のアイテムの取り出しや、レコーダーやゲーム機などを設置する場合にメディアの出し入れが楽という特徴があります。ただし、ホコリなどがつきやすく、アイテムの設置によってはだらしなく見える場合も。

扉付きタイプは逆に棚の中が見えないor見えにくく、スタイリッシュに演出しやすい特徴があります。ホコリもつきにくいため掃除がしやすいのですが、メディアの出し入れが手間で赤外線リモコンが中の機器に動作しないものも。

この赤外線問題を解決するのが、ガラス扉や突板※とガラスやアクリルを組み合わせた扉です。赤外線リモコン機器を扉付きタイプに設置したい方はしっかり確認を。

このオープンタイプと扉付きタイプが組み合わさったタイプも多いので、収納するアイテムをイメージした上で選びましょう。

突板つきいた
薄くスライスされた木の板のこと。赤外線を通すことができます。

耐荷重をチェック

耐荷重もチェックすべきポイント。昔の重いアナログテレビと違い、最近では薄く軽量な液晶テレビがスタンダードになったため、テレビのみで考えれば要求値が低くなりました。

ただし、ハイタイプなどテレビ以外に大量のアイテムを載せられるものもあります。重いオブジェなどの設置を考える方は、テレビを含めた重量を計算し耐荷重に余裕を持って検討しましょう。

組立品か完成品か確認する

ネットショッピングでテレビ台を購入する際に、見落としやすいポイントとして組み立て品完成品かということがあります。店舗で購入する場合は明らかにわかりますが、ネットショッピングは届くまで品物を確認できません。

特に大きいテレビ台の場合、高齢者や女性だと組み立てが非常に困難なこともあります。組み立てに自信のない方は完成品かどうか、もしくは組み立てサービスがあるかどうか購入前にしっかりと確認しましょう。

また、組み立てる場合はドライバーやハンマーなどが必要になることが多くなります。100円ショップなどでも購入できますが、持っていない方はチェックを忘れずに。

テレビ台のおすすめ20選

ここからはおすすめのテレビ台をコンパクトローボードハイタイプ壁面収納付きコーナー設置タイプ壁寄せタイプの6つに分けて紹介します。気になったものがあったら、ぜひ各サイトのレビューも確認してみてください。

【一人暮らしに】コンパクトなテレビ台のおすすめ【5選】

まずは一人暮らしに向くような幅100cm以下の、おすすめのコンパクトなテレビ台の紹介です。また、後ほど紹介するコーナータイプもワンルームに向いた製品が多くなっています。よかったらあわせてご覧ください。

LOWYA(ロウヤ) ローテレビ台 木製 北欧ヴィンテージ調 F301-G1041-1S

LOWYA(ロウヤ) ローテレビ台 木製 北欧ヴィンテージ調 F301-G1041-1S
サイズ幅80×奥行38.5×高さ40.5cm
重量約14kg
耐荷重天板/20kg、棚板/5kg
対応テレビサイズ目安~32型
状態組み立て必要
備考2カラーあり

無駄を省いたシンプルデザイン

北欧ヴィンテージ調ということで、無駄のない潔いスタイルが特徴のコンパクトテレビ台。少々重いので組み立ては多少手間取るかもしれませんが、補って余りある価格とデザインのバランスが魅力でしょう。

白井産業 テレビ台 ダークブラウン キアエッセ2 KI2-4080

白井産業 テレビ台 ダークブラウン  キアエッセ2  KI2-4080
サイズ幅79.2×奥行29.5×高さ38.4cm
重量8.6kg
耐荷重天板/10kg
対応テレビサイズ目安18~32型
状態組み立て必要
備考幅120cmタイプもアリ

おしゃれで軽い

国内メーカーの白井産業ベトナム工場から自信をもって送り出されるモデル。コンパクトなテレビ台としては珍しく、目立ちすぎない程よいデザイン性がおすすめポイントです。9kg弱と、ある程度簡単に組み立てやすい重量も◎。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) モジュールボックス MDB-3S

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) モジュールボックス MDB-3S
サイズ幅73.2×奥行29×高さ36.6cm
重量約7.8kg
耐荷重天板/約20kg、棚板/約10kg
対応テレビサイズ目安~32型
状態組み立て必要
備考3カラーあり

ただのカラーボックスじゃない!

こちらのモジュールボックス、簡単に言うと丈夫で区切りが特殊、ケーブル用の穴が開いたカラーボックスと言ったところ。テレビ台として働く分強度を上げており、価格は控えめなままと企業努力が伺えます。

カラーボックス2個とこのモジュールボックス1個がセットになった商品もあります。さまざまなレイアウトを試したい方やカラーボックスも欲しい方におすすめ。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) オープンテレビ台 OTS-70B

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) オープンテレビ台 OTS-70B
サイズ幅73.2×奥行29×高さ37.2cm
重量8.15kg
耐荷重天板/約20kg、棚板・底板/約10kg
対応テレビサイズ目安~32型
状態組み立て必要
備考3カラーあり

天板に工夫アリ

パッと見、上で紹介したMDB-3Sとほとんど変わりませんが、こちらは天板を1枚板にしたテレビ台です。壁にピッタリと配置しても下部からテレビまでケーブルが通るよう、天板中央部にケーブル用の凹みが作られています。

Bauhutte (バウヒュッテ) 昇降式テレビ台 BHV-1000H-BK

Bauhutte (バウヒュッテ) 昇降式テレビ台 BHV-1000H-BK
サイズ幅100×奥行35×高さ37-56cm
重量14.3kg
耐荷重天板/30kg、上段・下段15kg
対応テレビサイズ目安
状態組み立て必要
備考

天板の高さを調整できる

ゲーミングチェアなどで有名なBauhutteから販売される、高さを37-56cmに調整可能なテレビ台。中段の棚は穴が開いたスチール製で、ゲーム機などの排熱を阻害しない工夫がなされています。

キャスターが付くので気楽に移動も可能。ゲーム好きな方や排熱の多い機器をテレビ台に設置したい方におすすめです。

【ソファーや座椅子での視聴向き】ローボードテレビ台のおすすめ【5選】

次にテレビ台としては非常にスタンダードな、おすすめのローボードを紹介します。

モダンデコ(MODERN DECO) コンパクト木製テレビボード ts04

モダンデコ(MODERN DECO) コンパクト木製テレビボード ts04
サイズ幅120×奥行39.4×高さ45cm
重量16kg
耐荷重天板/40kg、扉内・引き出し・オープンスペース5㎏
対応テレビサイズ目安
状態組み立て必要
備考

おしゃれなチェッカーガラスが特徴

和洋問わず使える温かみのあるデザインの製品。凸凹でチェッカー状になったガラスが光を拡散し、テレビ台周りの雰囲気をアップしてくれます。このガラス扉、赤外線リモコン機器にも対応するので安心してください。

LOWYA(ロウヤ) 日本製 ローテレビ台 F301-13002

LOWYA(ロウヤ) 日本製 ローテレビ台 F301-13002
サイズ幅180×奥行44×高さ37cm
重量約31.7kg
耐荷重天板/約50kg
対応テレビサイズ目安~49型
状態完成品
備考3カラーあり

シンメトリーな扉を採用

左の扉は左、右の扉は右に開き、中央の2つは下開き扉になったシンメトリーが美しいテレビ台。中央2つの扉は赤外線リモコンに対応するので、レコーダーなども外から見えないようスタイリッシュに設置可能です。

さらに、中央の2つは吹き抜け構造になっていることもポイント。太いコード類も難なくテレビへ設置できます。シンプル&高収納タイプを探している方に。

アイリスオーヤマ AVボード ジャストタイプ JAB-130

アイリスオーヤマ AVボード ジャストタイプ JAB-130
サイズ幅130×奥行36×高さ30.6cm
重量約18.9kg
耐荷重天板/約20kg、可動棚/約5kg、底板/約15kg
対応テレビサイズ目安~55型
状態組み立て必要
備考2カラーあり

スリムなローボード

ローボードの中でも30.6cmとかなり低めに抑えたモデル。奥行きも36cmとコンパクトで、想像よりも小さく感じるかもしれません。中央の2棚は完全開放タイプで、左右収納は上部にコード用の穴が併設されています。

あまりスペースが取れないけれど大型テレビを設置したい方におすすめです。

LOWYA(ロウヤ) 日本製 ローテレビ台 木製 F301-TO004

LOWYA(ロウヤ) 日本製 ローテレビ台 木製 F301-TO004
サイズ幅180×奥行42×高さ36cm
重量約37kg
耐荷重天板/約50kg、引出し/約10kg
対応テレビサイズ目安
状態完成品
備考7カラーあり

見えない取っ手採用でスタイリッシュ

「見えない」部分にかなりのこだわりを持ったテレビ台がこちらのF301-TO004です。まず、取っ手を見えないよう引出し下に採用し、裏面下部にはタップ収納スペースを設置。乱雑になりやすいコード類をしっかり収納できます。

また、壁にピッタリと配置してもいいよう、コードの通り道をサイドと天板裏中央部に採用。質感の違う7つのカラー展開も、部屋のインテリアに合わせやすくおすすめです。

朝日木材加工 テレビ台 ちょい足しラック AS-110CT

朝日木材加工 テレビ台 ちょい足しラック AS-110CT
サイズ幅110×奥行29×高さ10.5cm
重量8kg
耐荷重天板/30kg
対応テレビサイズ目安~49型
状態完成品
備考幅59/79cmモデルあり、幅79cmは高さ18cmモデルもあり

モニター台としても適正を持つ

大きめのテレビを、座布団など低めのポジションで視聴したい場合におすすめのモデル。今まで床置きしてた…といった方にもピッタリです。また、今のテレビ台では低すぎると感じている場合、追加としての導入も◎。

デスク上部に設置すればモニター台になり、サイズさえ合えばキーボードなども収納可能と汎用性バツグンのテレビ台です。

【椅子などでテレビを見る方に】ハイタイプのテレビ台おすすめ【2選】

続いてはベッドや高さがある椅子でのテレビ視聴向きの、背が高いハイタイプテレビ台のおすすめを紹介します。

LOWYA(ロウヤ) 日本製 ハイテレビ台 シャビーナチュラル F301-17023

LOWYA(ロウヤ) 日本製 ハイテレビ台 シャビーナチュラル F301-17023
サイズ幅117.8×奥行42.8×高さ77cm
重量約42kg
耐荷重天板/約30kg、可動棚/約5kg、固定棚/約10kg
対応テレビサイズ目安
状態半完成品
備考組み立ては脚を付けるだけ

洗練された国産モデル

背面上部にはコードスリット、下部にはタップ収納スペースを持つ、使いやすくもかなりの収納力を確保した背の高いテレビ台。脚下は16cmで、掃除機はもちろんロボット掃除機によっては動かすことなく掃除可能です。

ちなみに、こちらは脚を取り付けるだけでOKな半完成品。とにかく高さのあるテレビ台を探している方におすすめです。

LOWYA(ロウヤ) 日本製 ハイテレビ台 F301-05015

LOWYA(ロウヤ) 日本製 ハイテレビ台 F301-05015
サイズ幅180×奥行43×高さ60.5cm
重量約43kg
耐荷重天板/約60kg、引出し/約5kg、可動棚/約4kg、デッキスペース/約6kg
対応テレビサイズ目安32~50型
状態半完成品
備考組み立ては脚を付けるだけ、2カラーあり

全体をスッキリと演出

中央から右側は引出しとオープン収納、左側は取っ手を上方裏側に隠した観音扉と、収納力・デザイン性を両立したテレビ台。脚がスマートなことにより、部屋をスッキリと見せる効果も期待できます。

【インテリア性を高めやすい】壁面収納付きのテレビ台おすすめ【2選】

次にオブジェなどを強調しやすい、おすすめの壁面収納付きテレビ台を紹介します。中には猫と暮らしている方にはたまらないモデルも!?

LOWYA(ロウヤ) スパニッシュモダン 壁面収納付テレビ台 F301-G1031

LOWYA(ロウヤ) スパニッシュモダン 壁面収納付テレビ台 F301-G1031
サイズ幅140×奥行40.5×高さ140(テレビ設置部は39.5)cm
重量約30kg
耐荷重TV設置部/20kg
対応テレビサイズ目安~42型
状態組み立て必要
備考スペイン産、2カラーあり

少し前衛的なスパニッシュモダン

シンメトリーとは程遠い、少し前衛的なスパニッシュモダンモデル。飾るアイテムによって表情をさまざまに変えるので、インテリアに自信がある方におすすめしたいテレビ台です。上手く飾ればSNS映えも!?

LOWYA(ロウヤ) キャットウォーク付壁面収納付テレビ台 F301-G1056

LOWYA(ロウヤ) キャットウォーク付壁面収納付テレビ台 F301-G1056
サイズ幅220×奥行41×高さ180cm
重量約93.8kg
耐荷重キャットウォーク上・下段/各約12kg、キャットステップ/約12kg、可動棚/約5kg、引出し/約10kg、右側オープンスペース/12kg、テレビ台/約30kg、デッキ収納/約10kg
対応テレビサイズ目安32~43型
状態組み立て必要
備考

猫好きにはたまらない!?

猫がのんびりしたり遊んだり、猫を飼っている方におすすめしたい「キャットウォーク」に囲まれた面白いテレビ台です。収納スペースも案外多く、引出し収納に扉収納、オープン収納とテレビ台としての仕事も忘れていません。

背面もボロボロとしないようしっかりと化粧板仕様になっている点も◎。ただし、重量が全部で93.8kgの組み立て式ということで、かなりハードルは高くなっています。この問題が解決できる猫好きの方は!

【部屋の隅を活用】コーナー設置タイプのテレビ台おすすめ【4選】

続いてはデッドスペースになりがちな、部屋の隅を活用できるおすすめのコーナー設置タイプのテレビ台を紹介。一人暮らしの方にも向き、価格もお手ごろな製品が多くなっています。

LOWYA(ロウヤ) コーナーテレビ台 テレビボード テレビラック F301-G1060

LOWYA(ロウヤ) コーナーテレビ台 テレビボード テレビラック F301-G1060
サイズ幅80×奥行38×高さ39.5cm
重量約11.5kg
耐荷重天板/約30kg、可動棚・サイド収納/約7kg
対応テレビサイズ目安~32型
状態組み立て必要
備考2カラーあり

オープンタイプのスッキリモデル

収納部も魅せるようデザインとして取り入れた、オープンタイプのテレビ台。サイド棚にはコードスリットが付くので、AV機器などをおしゃれに縦型設置できます。中央の仕切りは外して、インナーボックスを使っての収納なども可能です。

キャスター付きで掃除や移動がしやすい点もGOOD!

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 不二貿易 コーナーTV台 97420

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 不二貿易 コーナーTV台 97420
サイズ幅約110×奥行約48×高さ約36cm
重量約18kg
耐荷重天板/約30kg
対応テレビサイズ目安~37型
状態組み立て必要
備考3カラーあり

背面パネルは取り外しも可能

このテレビ台、計6つのキャスターが見えないよう工夫され、まるでキャスター付きではないようなシルエットが特徴。中央部は完全なオープンタイプですが、左右収納の背面板も取り外しての利用も可能です。

中央背面下部にはタップ収納スペースもあるので、使用する方はぜひ設置してみてください。

朝日木材加工 コーナー対応テレビ台 RACINE RCA-1000AV-CR

朝日木材加工 コーナー対応テレビ台 RACINE RCA-1000AV-CR
サイズ幅100×奥行39×高さ39cm
重量21.5kg
耐荷重天板/25kg
対応テレビサイズ目安~42型
状態組み立て必要
備考他にも幅79・148.8cm、それぞれ高さ73.8cmのハイタイプあり

どことなく懐かしさを感じる

一見扉が2つに見えますが、実は左右の細い部分も扉になっている、かなり収納力が高いテレビ台。中央の扉はスモークフィルム仕様のガラスなので、赤外線リモコンを使う機器でも問題ありません。

また、こちらも上で紹介したテレビ台同様、外から見えにくいキャスターを採用。部屋に合わせやすいよう、幅や高さの異なるモデルを多く扱うこともうれしいポイントです。

LOWYA(ロウヤ) コーナー伸縮テレビ台 F301-G1020

LOWYA(ロウヤ) コーナー伸縮テレビ台 F301-G1020
サイズ幅124-234×奥行39.5-44×高さ41-44cm
重量約36.2kg
耐荷重天板/30kg
対応テレビサイズ目安~52型
状態組み立て必要
備考3カラーあり

さまざまなスタイルに切り替えられる

畳んだ状態では幅124cmの普通のローボードといったスタイルのテレビ台ですが、こちらはなんと左右が動くので、さまざまな部屋に調整しやすくなったモデルです。

上の画像のようにサイドを手前側に配置すればコーナータイプ、サイドを奥に配置するとテレビを強調したインテリアを楽しむことも。サイドユニット下部は変形中も使いやすいよう、引出し収納のなっていることもポイントです。

【壁を傷つけたくない方に】壁寄せタイプのテレビ台おすすめ【2選】

このコーナーのラストはテレビを壁にほぼピッタリと設置できる、おすすめの壁寄せタイプのテレビ台を紹介します。

EQUALS(イコールズ) WALL[ウォール] 壁寄せテレビスタンド V2 ハイタイプ

EQUALS(イコールズ) WALL[ウォール] 壁寄せテレビスタンド V2 ハイタイプ
サイズ幅70×奥行52×高さ129-169cm
重量約19kg
耐荷重TV設置部/約40kg
対応テレビサイズ目安32~60型
状態組み立て必要
備考3カラーあり

ダイニングでも見やすい高さ

無駄なものを一切省いた、ストイックでスタイリッシュなデザインの壁寄せテレビ台。こちらはダイニングなど比較的高さのある環境で見やすいハイタイプですが、座椅子などでの視聴に向くロータイプもあります。

気になる方はそちらもチェックしてください。

ハヤミ工産 TIMEZ(タイメッツ) 壁寄せテレビスタンド KF-260W

ハヤミ工産 TIMEZ(タイメッツ) 壁寄せテレビスタンド KF-260W
サイズ幅60×奥行35×高さ101-121cm
重量約12kg
耐荷重TV設置部/約30kg、棚板/約5kg
対応テレビサイズ目安~55型
状態組み立て必要
備考2カラーあり

取り外し可能な棚板が付く

テレビは5段階、棚板は上下11段階の高さ調整が可能。棚板が不要な場合は外すことでき、よりスタイルをスタイリッシュにできます。

テレビと壁の間にはHDDなどを収納できるスペースがあるので、録画機能付きテレビも対応可能。床を傷つけないよう、底部に傷防止シールがつく心配りも◎。

まとめ

今回はコンパクト&高収納なタイプや、ヴィンテージ風やインダストリアル調などおしゃれなテレビ台を数多く紹介しました。気になったモデルは見つかりましたか?

模様替えが好きな方はキャスター付きや伸縮タイプ、猫好きな方はキャットウォーク付きの壁収納タイプなど、環境に合わせると、より自分にピッタリと合うテレビ台を見つけやすくなります。

テレビ台は収納&インテリアの両面に役立つ非常に実用的な家具です。ぜひ使いこなしてください。

タイトルとURLをコピーしました