食器洗い乾燥機のおすすめ8選|一人暮らしから使える工事不要のタンク式や選び方も

食器洗い乾燥機家電
出典元:アイリスオーヤマ
スポンサーリンク

日々行う家事の一つとして、時間も手間もかかる洗い物。ついつい洗い物のことを考えてしまい、調理器具や食器を多く使う料理を避けてしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、食器洗いに加え乾燥まで半自動でおこなう据え置きタイプの食器洗い乾燥機(食洗機)を紹介します。お手軽な工事不要タイプも紹介するので、工事があるなら…と諦めていた方もぜひご覧ください。

※今回の記事でビルトインタイプの食洗機は紹介していません。

おすすめの食器洗い乾燥機をすぐに見たい方はこちら

スポンサーリンク

食器洗い乾燥機の種類

食器洗い乾燥機は大きく分けて据え置きタイプビルトインタイプの2種類。それぞれ異なった特徴があるので説明します。

据え置き(設置)タイプ

据え置きタイプの食器洗い乾燥機

キッチンの一角に据え置き、食器洗いと乾燥はもちろんのこと、給水や排水まで自動でおこなうのが据え置きタイプです。設置には基本的に工事が必要で、それなりに手間や本体価格以外に費用がかかってしまうことがネック。

ただし、一度設置さえしてしまえば手間があまりかかりません。また、自信がある方は水栓の取り換えを自分で行うことも可能です。

タンク式

水を注がれるタンク式の食器洗い乾燥機
出典元:サンコー

タンク式とは、給水を人力でタンクにおこなうタイプの食器洗い乾燥機のこと。使うたびに一回いっかい給水が必要ですが、工事が必要なく本体価格も控えめという特徴があります。

据え置いて使うので一応据え置きタイプのくくりで扱われますが、タンクで使う限り比較的自由に移動が可能です。工事をしたくない方以外に、引っ越しが多く工事しても無駄になってしまいがちな方にもおすすめ。

水栓をつなぎ、据え置きタイプのように使えるものもあります。

ビルトインタイプ

ビルトインタイプの食器洗い乾燥機

キッチンの引き出しや戸棚部分に埋め込まれ(ビルトイン)、外観では食器洗い乾燥機とわかりにくいものがビルトインタイプ。給水・排水はもちろん自動となります。

新築時などにシステムキッチンの一部として導入されることが多く、後から設置するにはかなり高額の工事費がかかることがほとんど。家電というより、リフォームの領域に踏み込んでいるタイプです。

食器洗い乾燥機の選び方

ここでは、どう選べば良いかわかりにくいという方に向け、食器洗い乾燥機を選ぶ際に重要なポイントを説明します。

工事は必要か

工事代金イメージ

店舗で購入する場合は説明があるので大丈夫だと思いますが、据え置きタイプの食器洗い乾燥機は工事不要のタンク式と、工事の必要がある設置タイプに分かれます。

パッと見わかりにくい部分なので、工事をしたくない方は「工事不要」や「タンク式」といった説明があるものを選びましょう。

運転音はどれくらい大きいか

就寝イメージ

日常的に稼働する食器洗い乾燥機は、運転音がどれだけ発生するかも生活を送る上で重要なポイント。就寝時集合住宅での騒音など、あまりに大きい音が出るようでは使うのもためらってしまいます。

タンク式の食洗機ではほとんど発表されていませんが、設置する据え置きタイプの食洗機は運転音の目安をメーカーが測定・発表しているものも多くあります。主観も強くなりますが口コミなども活用し、許容できる騒音のモデルを選びましょう

設置スペースは確保できるか

キッチンに設置された食器洗い乾燥機
出典元:siroca

据え置きタイプもタンク式も、設置するにはそれなりのスペースが必要です。本体サイズが収まることはもちろん、見逃されがちですが本体の上面や側面、後面に放熱のため一定間隔のスペースを空けなくてはいけません

これを守らないと熱が故障の原因となることも…!説明書には記載されますが、ショッピングサイトなどでは表示されることが少ないので、買ってから後悔しないよう十分気をつけましょう。

以下からのおすすめ製品では製品周りに必要な空間を「必要スペース」として表示しているので、ぜひ参考にしてください。

【据え置き】食器洗い乾燥機のおすすめ【8選】

ここからはおすすめの据え置き食器洗い乾燥機をタンク式設置タイプの2つに分けて紹介します。

【タンク式】食器洗い乾燥機のおすすめ【5選】

まずは、工事不要のタンク式からおすすめの据え置き食器洗い乾燥機を紹介!気軽に食洗機を使いたい方はこちらをチェックしてください。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 食器洗い乾燥機 コンパクト ISHT-5000-W

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 食器洗い乾燥機 コンパクト ISHT-5000-W
標準食器容量15点
タンク容量約5L
本体サイズ幅420×奥行445×高さ435mm
必要スペース上面70、側面5、後面6cm以上
重量約13kg
消費電力(50/60Hz)512/526W
乾燥タイプ送風乾燥

庫内上下ノズルで360°洗浄

回転して洗浄するノズルを庫内上下に搭載し、ダブル水流によって汚れを落とす食器洗い乾燥機。

洗浄コースは4つで、汚れが軽いものは「お急ぎ」、通常の汚れでは「標準」、時間が経って乾燥した汚れや強い汚れには「念入り」、プラスチック製の食器には「ソフト」コースが適しています。

覗き窓がないので洗浄中の内部は見ることができませんが、実売価格が低いのでコスパを求める方におすすめです。

iimono117 食器洗い乾燥機 2段式 ホワイト EX

iimono117 食器洗い乾燥機 2段式 ホワイト EX
標準食器容量~3人分
タンク容量約4.7L
本体サイズ幅×406奥行443×高さ465mm
必要スペース上面60、両側面・後面10cm以上
重量約12.5kg
消費電力950W
乾燥タイプ送風乾燥

食器乾燥機としても使える

洗浄時間が短い順から「洗浄」、「お急ぎ」、「標準」、「念入り」と4コース備え、これ以外に「乾燥」のみのコースがあるので、食器乾燥機としても使えるモデル。食器をしっかり水切りしたい時も安心です。

今回紹介する食洗機の中で高さが数mm~数cm大きいのですが、上面に空けなくてはいけないスペースが10cm小さいこともポイント。上方に戸棚などがあり、必要スペースを満たせない方も一考してみてはいかがでしょう。

アイネクス(AINX) 食器洗い乾燥機 AX-S3W

アイネクス(AINX) 食器洗い乾燥機 AX-S3W
標準食器容量約16点、約3人分
タンク容量5L
本体サイズ幅425×奥行428×高さ458mm
必要スペース上面70、側面・後面10cm以上
重量約13kg
消費電力900W
乾燥タイプ温風乾燥
備考分岐水栓にも対応

最高75℃の温水・温風で脂汚れに強い

皿やコップといった食器だけでなく、上部に箸やスプーンなど小物用の洗浄スペースを備える食器洗い乾燥機。脂汚れやガンコ汚れにより効果を発揮できるよう、手洗いでは厳しい75℃というかなり高温での洗浄が可能です。

コンパクトタイプでは珍しく、温風で乾燥をすることもポイントでしょう。水滴残りが少なく、雑菌やカビの繁殖を防げるので小さな子どもがいる方にイチオシの製品です。

siroca(シロカ) 2WAY食器洗い乾燥機 SS-M151

siroca(シロカ) 2WAY食器洗い乾燥機 SS-M151
標準食器容量16点
タンク容量約5L
本体サイズ幅420×奥行435×高さ435mm
必要スペース上面70、側面5、後面6cm以上
重量約13kg
消費電力(50/60Hz)512/526W
乾燥タイプ送風乾燥
備考分岐水栓にも対応

タイマーが付き時間調整して稼働可能

シロカ独自の洗浄技術「360°キレイウォッシュ」を採用し、洗い残しがほとんどないキレイな洗い上がりを実現。食器の汚れに応じて4モードから洗浄モードは変更可能です。

また、6時間まで調整できる運転タイマーを搭載するので、運転音を気にしなくていい家を空ける時間や電気代が下がる深夜など、自分好みに稼働できます。洗浄・タイマーと攻守揃った製品を求める方におすすめ。

サンコー(THANKO) タンク式食洗機 ラクア STTDWADW

サンコー(THANKO) タンク式食洗機 ラクア STTDWADW
標準食器容量16点+箸類
タンク容量約5L
本体サイズ幅410×奥行410×高さ440mm
必要スペース上面70、側面・後面10cm以上
重量13kg
消費電力850W
乾燥タイプ温風乾燥
備考分岐水栓にも対応

洗浄力の秘密は「上下囲み洗い」

50℃を超える温水で上下から噴射する「上下囲み洗い」によって、手洗いでは落としにくい脂汚れもキレイにできる食洗機。扉を開けるとLEDが点灯するので、暗い場所への設置も可能です。

5つの洗浄モードと温風での乾燥モードを搭載し、洗い・乾燥・すすぎはそれぞれ単独で使う事もできます。ライフスタイルにあわせ、さまざまなモードで使い分けたい方におすすめ。価格も控えめです。

【設置タイプ】食器洗い乾燥機のおすすめ【3選】

続いては設置して使用する、据え置き食器洗い乾燥機のおすすめを紹介。要工事ですが、一度設置さえすればあとはお手入れくらいという手軽さが魅力です。

パナソニック(Panasonic) 食器洗い乾燥機 NP-TZ200

パナソニック(Panasonic) 食器洗い乾燥機 NP-TZ200
標準食器容量40点
使用水量約11L
本体サイズ幅550×奥行344×高さ598mm
必要スペース上面65、側面・後面0.5cm以上
重量約20kg
消費電力(50/60Hz)~1165/1185W
乾燥タイプ温風乾燥(送風乾燥も可能)
運転音(50/60Hz)約36/38dB

~5人分の食器を洗える鉄板モデル

約34cmまでの長皿や鍋が洗える「リバーシブルエリア」を搭載し、5人分の食器となる40点まで洗浄ができる大容量モデル。ボックス状のフルフラットデザインで、キッチン周りに置いてもスマート感の演出に一役買ってくれます。

運転モードは汚れにあわせて1~5レベルまで選択するタイプ。オプションとして80℃の高温で洗う「高温除菌」モードや、4時間後に運転する予約も可能です。

乾燥機能では、パナソニック独自のニオイや菌を抑制する「ナノイーX」を放出することが可能。さらに、消費電力を最大で5%削減する「エコナビ」も搭載します。3人以上の世帯で一気に食器を洗いたい方は要チェック!

アクア(AQUA) 食器洗い乾燥機ADW-GM2

アクア(AQUA) 食器洗い乾燥機ADW-GM2
標準食器容量24点
使用水量容量約9L
本体サイズ幅485×奥行390×高さ475mm
必要スペース上面66、側面・後面0.5cm以上
重量約17kg
消費電力~615W
乾燥タイプ送風乾燥
運転音約43dB、36dB(ナイトモード時)

中がしっかり見える大窓仕様

~4人分・24点の食器に対応し、食器の洗浄が大窓でしっかり確認できる食器洗い乾燥機です。フタが上に開く珍しいタイプで、キッチンの少し奥まった場所に設置する場合、下開きタイプより使いやすく感じることうけあい。

運転時間が伸びるかわりに低騒音化を実現する「ナイトモード」や、すすぎを高温にすることで除菌する「高温すすぎモード」といったかゆいところに手が届く機能も搭載します。コンパクトで静かなモデルを求める方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) 食器洗い乾燥機 プチ食洗 NP-TCM4

パナソニック(Panasonic) 食器洗い乾燥機 プチ食洗 NP-TCM4
標準食器容量18点
使用水量容量約9L
本体サイズ幅470×奥行300×高さ460mm
必要スペース上面52、側面・後面0.5cm以上
重量約12kg
消費電力(50/60Hz)665/685W
乾燥タイプ送風乾燥
運転音(50/60Hz)約40/42dB

水切りカゴの替わりに置ける小ささ

総面積を考えるとタンクがない分、タンク式よりもコンパクトな設置タイプの食器洗い乾燥機。その小ささは水切りカゴの替わりに置けるほどで、分岐水栓さえあれば一人暮らしの方はこれで決まり!と言い切れるレベルです。

運転モードは「標準」、「スピーディ」、「乾燥」の3つで、標準+乾燥やスピーディ+乾燥といった組み合わせや。それぞれを単独でおこなうことが可能と、非常にシンプルな仕上がり。

とにかくコンパクトな食洗機が欲しい方におすすめです。

まとめ

食器洗い乾燥機

食洗機は使ってみたら便利すぎて、中に入らない食器を買い替える人が散見されるほど生活に結び付くアイテムです。上手く使えば自由時間が増え、手荒れともサヨナラできるかも!?

タンク式は工事が不要で、設置タイプは給水を毎回しないで済むというメリットがあります。ぜひライフスタイルに合った製品選びを!

タイトルとURLをコピーしました