フィッシュロースターのおすすめ8選|コンパクトタイプや選び方も紹介

フィッシュロースター家電
スポンサーリンク

魚を焼きたいけれど、グリルに臭いを残したくないな…という方に最適なフィッシュロースター。調理の臭いを抑えながら、おいしく焼き上げてくれる素敵なアイテムです。

実は魚以外に燻製やピザ、焼き鳥が作れるものも!?今回はそんなフィッシュロースターの種類に始まり、選び方とおすすめの商品を紹介します。ぜひご覧ください。

おすすめの商品をすぐに見たい方はこちら

スポンサーリンク

フィッシュロースターの選び方

大きな焼き魚

ここからはフィッシュロースター選びに迷ってしまう方に向け、選び方の指針となるポイントを紹介します。ぜひ参考にしてください。

タイプで選ぶ

電気で動くフィッシュロースター。大きく分けるとオーブンタイプと卓上焼き網タイプの2種類に分かれます。それぞれの特徴について解説するので、まずはこのタイプから、ライフスタイルにあわせて選びましょう。

オーブンタイプ

オーブンタイプのフィッシュロースター
出典元:Amazon

オーブンタイプはヒーターと焼き網を本体に内包した、オーブン状のフィッシュロースター。両面をひっくり返さずに焼き上げられるよう、上下にヒーターを搭載し、ほとんどの製品は下部に水を入れて焼き上げる仕様です。

煙や臭いを抑えるためのフィルターが付いていることも大きなポイントでしょう。ちなみに、このタイプは火災や家具変色防止のため、レンジやオーブンと同じように、他の家具との間に一定のスペースが必要です。

卓上焼き網タイプ

卓上焼き網タイプのフィッシュロースター
出典元:Amazon

卓上焼き網タイプは、食卓の上で魚や肉などを焼ける珍しいタイプ。ホットプレートと用途が被るので商品数が少なく、正直言って選択肢は多くありません。魚以外にも餅や焼き鳥など、色々と焼きたい方向けです。

見た目で分かる通り、調理時に食材をひっくり返す必要があります、

W(ワット)数を確認しよう

Wとは消費電力のことです。厳密には違うのですが、これが高いほど高火力だと考えるといいでしょう。サイズが大きいタイプは1200Wほどあると、スピーディーに魚を焼くことができるのでおすすめです。

消臭・消煙性能で選ぶ

匂いイメージ

オーブンタイプのみ

フィッシュロースターの中でも、オーブンタイプは本体内部からの煙や臭いを減らす構造になっています。ここでは構造別に消臭・消煙性能の違いを解説するので、臭いが少ないものを求める方は要チェックです。

セラミックフィルター

セラミックフィルターはオーブンタイプのフィッシュロースターに標準搭載されている安価なタイプです。それなりに消臭・消煙をこなしてくれます。

プラチナ触媒フィルター

セラミックフィルターにプラチナを塗布したものがプラチナ触媒フィルター。セラミックのみの状態よりも、臭いや煙をより強力にカットできます。車のマフラーにも同様の技術が使われているようです。

触媒フィルター

触媒フィルターは独自の触媒をフィルターに使い、その触媒によって消臭・消煙効果を発揮するタイプです。機種によっては多層構造でさらに効果を高めています。

網の種類

フィッシュロースターは網の種類によっても使用感や焼き上げに若干の違いがあります。それぞれの特徴を簡単に解説するので、自分に合った網を選びましょう。

ステンレス網

ステンレス網は非常に錆びにくく安定した性質を持つ網です。安価ですがくっつきやすい特徴があるので、漬け魚や食材を焼くときは取り出し時など注意しましょう。

フッ素加工網

フッ素加工網は鉄の芯をフッ素でコーティングした、こびりつきにくい特徴がある網です。フッ素加工のフライパンを使っている方はピンとくるかもしれませんが、急冷するとコーティングが痛みやすいという弱点があります。

シリコン加工網

シリコン加工網はフッ素加工のものより耐久性があり、さらに熱にも強い網です。ただし、このシリコン加工は多少製造が難しいようで、搭載するフィッシュロースターは少し高価になっています。

お手入れのしやすさ

分解されたフィッシュロースター
出典元:Amazon

簡単に分解清掃できるか、ということもフィッシュロースターでは重要なポイント。特にヒーター部分に油や食材が跳ねた場合、コゲ付きや煙発生の原因になります。これをお手入れする時に分解できると非常に便利というワケ。

フィッシュロースターのおすすめ【8選】

ここからはフィッシュロースターのおすすめ商品をスタンダードコンパクトの2つに分けて紹介します。

【さんま4尾までOK!】スタンダードなフィッシュロースターのおすすめ【5選】

最初にさんまなら4尾、ホッケなど大きな魚も焼けるスタンダードなフィッシュロースターのおすすめを紹介します。一人暮らしでも料理や魚好きな方はこちらもあわせてご覧ください。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) マルチロースター EMT-1101

アイリスオーヤマ マルチロースター EMT-1101
サイズ本体/幅496×奥行306×高さ192mm 焼き網/幅348×奥行215mm
必要スペース不明
重量4.2kg
消費電力1,100W
網タイプフッ素加工
脱臭フィルタータイプセラミック
タイマー30分

色鮮やかな低価格モデル

安価ながら必要十分な機能を持つフィッシュロースター。上部に熱の反射板を装備しており、ムラなく焼き上げる構造になっています。さんまは4尾、大きな魚も焼ける低価格とは思えない性能のモデルです。

山善(YAMAZEN) フィッシュロースター NFR-1100

山善 フィッシュロースター NFR-1100
サイズ本体/幅460×奥行300×高さ210mm 焼き網/幅315×奥行205mm
必要スペース前面開放 両側面10 後面20 天面30cm以上
重量4.5kg
消費電力1,100W
網タイプフッ素加工
脱臭フィルタータイプセラミック
タイマー30分

分解しやすいスタンダードタイプ

山善が送り出す、デザインも性能もクセのないフィッシュロースター。分解は説明書で丁寧に説明されており、上部の熱反射板までしっかりと外して洗うことができます。過熱を防止するサーモスタット機能を持つ安全性も◎。

パナソニック(Panasonic) ロースター けむらん亭 NF-RT1000

パナソニック(Panasonic) ロースター けむらん亭 NF-RT1000
サイズ本体/幅450×奥行355×高さ185mm 庫内/幅328×奥行223×高さ52mm
必要スペース前面開放 側面・後面10 天面30cm以上
重量5.4kg
消費電力1,300W
網タイプフッ素加工
脱臭フィルタータイプ14層触媒
タイマー1~30分

オート調理もできるすごいやつ

自動焼き上げ機能を持つユーザーライクなフィッシュロースター。生/姿焼き・つけ焼き・切り身・とり肉・焼きなす・焼き芋の自動メニューを搭載しています。燻製も作れ、焼き上げ時に水不要なこともうれしいポイント。

また、臭いや煙を抑える多層フィルターや上部と下部で違うタイプのヒーターの採用など、さまざまな工夫が凝らされています。さらには空焼きで庫内をセルフクリーニングできる機能も!ハイモデルを求める方におすすめです。

タイガー(TIGER) フィッシュロースター KFA-H130

タイガー フィッシュロースター KFA-H130
サイズ幅438×奥行332×高さ199mm
必要スペース前面と片側側面開放 側面・後面10 天面30cm以上
重量5.4kg
消費電力1,300W
網タイプシリコン加工
脱臭フィルタータイプ触媒
タイマー30分

ヒーターの形状が上下で違う

上下のヒーター形状を変えることで焼きムラの低減を実現した、高火力フィッシュロースター。網も黒色シリコン加工で耐久性と熱の吸収を両立しています。さまざまなパーツに分解洗浄できるところもナイスポイント。

全体的に高バランスでまとまった秀作です。

杉山金属 遠赤外線ロースター(丸型) KS-2743

杉山金属 遠赤外線ロースター(丸型)  KS-2743
サイズ幅385×奥行305×高さ95mm
重量1.46kg
消費電力1,200W
網タイプフッ素加工

水の力で煙の発生を抑える

家族で焼肉も楽しめる、卓上焼き網タイプのフィッシュロースター。ヒーターの下に省エネ反射板を敷くことで、熱エネルギーを無駄なく食材に伝えます。また、その反射板下に水を入れることで煙の発生を抑えることが可能。

分解もしやすく、購入時の箱が収納ボックス替わりになるアイディア仕様になっています。もし購入した場合は捨てないように注意してください。

【一人暮らしにピッタリ】コンパクトなフィッシュロースターのおすすめ【3選】

続いては晩酌のお供や一人暮らしの方にピッタリな、コンパクトタイプのフィッシュロースターのおすすめ商品を紹介します。

コイズミ(KOIZUMI) フィッシュロースター KFR-0800

コイズミ(KOIZUMI) フィッシュロースター KFR-0800
サイズ本体/幅400×奥行225×高さ185mm 焼き網/幅320×奥行140mm
必要スペース前面と片側側面開放 側面・後面10 天面30cm以上
重量約3.2kg
消費電力800W
網タイプ
脱臭フィルタータイプ
タイマー30分

使いやすいピンクのロースター

さんまなら2尾同時に焼き上げられるコンパクトにまとまったモデル。ピンクを基調とし、ポップな部屋にもマッチする仕上がりです。フランクフルトの焼き上げやフライなどの温めもできるので思った以上に活躍するでしょう。

新津興器 フィッシュロースター SFR-70

新津興器 フィッシュロースター SFR-70
サイズ幅450×奥行205×高さ175mm
必要スペース
重量3.08kg
消費電力700W
網タイプフッ素加工
脱臭フィルタータイプ
タイマー30分

ブラックでまとまったスリムモデル

全体的にブラックを基調にまとめられた、スタイリッシュなフィッシュロースター。覗き窓が大き目で、焼いている様子を見やすくなっています。網がフッ素加工なのもうれしいところ。こびりつきを気にせず使いたい方におすすめです。

ピーナッツクラブ D-STYLIST 網焼魚グリル KK-00382

ピーナッツクラブ D-STYLIST 網焼魚グリル KK-00382
サイズ本体/幅520×奥行105×高さ105mm 焼き網/幅200×奥行70mm
重量1kg
消費電力800W
網タイプ鉄(クロムメッキ)
タイマー30分

さんまなら1尾の細長タイプ

1kgと超軽量な細型卓上焼き網タイプのフィッシュロースター。さんまは1尾、切り身は2つほど同時に作れます。魚を焼き上げる以外に、できあいのお惣菜などを温めながらの食事や晩酌もおすすめです。

まとめ

焼いたさんま

今回は一人暮らしで使えるコンパクトなものから、大きな魚の開きまで焼けるフィッシュロースターを紹介しました。気に入ったものは見つかりましたか?

個人的にはフィッシュロースターで作る焼きなすがおすすめ!ほっこり仕上がって味噌も醤油も合います。小型オーブンのように魚以外も色々と焼けるのでぜひ試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました